【大阪市平野区】エクセレントケア

宿命を受け止める

エクセレントケア専属クリエイターのMです。
私は重度の知的障害で知能も数歳児レベル。
おまけに発達障害、統合失調症、アスペルガー、LD、重度のパニック障害、行動障害、言語障害等未だ未だいろんな障害を持ってます。
今の障害の認定が下りたのは20歳の頃。
それ迄他の人には当たり前の事が自分には殆ど出来ない。
すぐトラブルが絶えなくなって自分がトラブルメーカー的存在になってしまう。
すぐに誤解を招かれてしまう。
すぐに些細な事でも笑われ者にされてしまう等。
この頃から自分はきっと何かハンディがあると予感していました。
そしてその予感は見事に的中。
障害者手帳も下りて、
自分は生まれた時からずっと生きづらさを抱えていた身分でした。
それでもそんな自分を覆したくて、
一時期は健常者の人と同じ様なレベルに達し様とそれなりの振る舞いを行っていた時期もありました。
でも藻掻けば藻掻く程淘汰して行く様な現状でした。
会話をしても会話にならない、
運動しても運動にならない、
部屋は散らかり放題で第三者の白眼視は容赦無く。
その物で散乱した部屋は何もかも上手くコントロール出来ない私を凝視している。
今は自分の障害をきちんと受け入れて、
どんなに悪罵されたとしても社会一般の知識を一つずつ物にしている。
今は自分のレベルと状態に合った枠と言うものをきちんと把握して、
どんなに罵倒されたとしても世間一般の知識を一つずつ物にしている。
そして「申し訳ありません」「気を付けます」「そうします」等の受け答えの姿勢もきちんと練習している。
こんな状態でも自分の得意分野を伸ばしている最中で、
これからの長い長い人生へ一歩ずつ足を踏ん張っている。
持って生まれた宿命は変えれません。
だけど行動次第で運命は変えれます。
私が障害者をして生まれて来た事実はどう足掻いたって覆す事は出来ません。
だけど工夫と行動次第で開拓して行けれる様な道は沢山あります。

-【大阪市平野区】エクセレントケア

© 2022 株式会社ハートフルサンク