お知らせ 代取はつぶやき続ける 株式会社ハートフルサンク

開幕9連敗!阪神矢野監督の気持ちがすごく沁みる。レベルは違うが同じ責任者として。。。

昨年の前半の絶好調と違い、今年は開幕9連敗。

矢野監督は自分が今年最後と、異例の宣言をして不退転の覚悟で臨んだ今季。
初戦でまさかの7点差逆転を喰らいそこからワーストの9連敗。

責任問題で監督退任説も流れる中、本人の表情も厳しい。

 

レベルは違うが、経営者として最高責任者としてものすごい重圧と戦っている、という感覚では同じでよくわかり沁みる。勝負は必ず出るし、努力が報われるわけではないところが残酷である。また信じても他人を制御することはできないというところも非情である。

でも、矢野さん、踏ん張って欲しい。143試合中の9試合。これからである。そして、この苦しみを乗り越えることは後で「プラス」になる、と信じて。要すれば、楽あれば苦もある。この「苦」を味わった人が最後に強いんだと信じて。

「苦」はかならずある。ならば、その「苦」と真正面から戦ったり、逃げたりするより、うまく自分の味方につける思考の方がいいんじゃいか、と僕は思っている。もちろん、人間の思考はそんな簡単ではない。でもそう思わないと自分のこころを「整える」ことはできないし、今後の奮起に繋がらない。

矢野監督がここから奮起するだろう。それを自分にダブらせながら、私も「苦」を味わいながら奮起していきたいと思う。毎日のスポーツニュースが楽しみである。結果より矢野さんの表情が。

10月ごろ、優勝してたらそれはそれでいい。でもそんなこと考えるより、今は一つ一つ目の前のこと=目の前の試合、をやっていくんだと思う。

 

-お知らせ, 代取はつぶやき続ける, 株式会社ハートフルサンク

© 2022 株式会社ハートフルサンク