お知らせ 代取はつぶやき続ける 株式会社ハートフルサンク

様々なご縁に感謝!シリーズ

4月で期末を迎えるハートフル。振り返れば今期1年も様々な出会いと別れがあった。別れは寂しいが、新たな出会いを生む機会をもたらすという意味では必要だと思う。

会社として最大の出会いは大阪市平野区のエクセレントケアへの参画。利用者様、職員も良い方々ばかり。ハートフルとの違いから刺激もたくさんもらった。元理事長はじめ皆さんに残ってもらい、本当によくしてもらってる。従来のレジェンド継承を重要視しながら、利用者ニーズ起点のサービスを改めて強調する中、各位が持ち場で新しいサービスを開発しはじめ、人が集まってきた。内外で新たな地殻変動が起きている感覚も感じている。結局、人。ハートとハートが感じ合えるかどうか?資金、ブランドとか戦術とかは周辺。改めて全ては「人」次第を感じる。

社内でも抜群のパートナーが現れた。たくさんいるが近いところで一部ご紹介。

まず、経営のコアである財務・経理で頂いた新入職の方とのご縁。ただでさえ守備範囲の広い仕事なのに、関係部署とのスムーズな連携や新システムの導入などを推進してくれる。100%任せている。彼女の持ち味も能力は当然だが「人間力」である。普段から前向きでエネルギッシュである。どんな人とも良好な関係を築くプロである。

相談支援の業務で人材育成と事務力高度化施策としてアソシエイト制度を導入しペアでついてくれた新入職の方とのご縁。彼女は新卒社会人1年目ながら予想を遥かに超えるスピードで仕事を吸収していった。今は車の運転以外!何でも出来る。僕の相談支援業務は彼女がいないと120%回らない。持ち味は一味違う人間力である。大人しく見えるがハートは熱いし、常に前向きで何事も「やってみる」フットワークがある。

全て去年の今頃、こんな出会いがその先にあるなんて予想もしなかった。そういう意味で、今、自分の環境認識の延長で未来を考えるべきでない。この先にいろんな出会いがあるのだ。その出会いが流れを変え、成功に導いてくれる。その出会いは奇跡でしかないけど、奇跡を呼び込むのはやはり「待つ」のではなく「やってみる(一緒に働いてみる)」という挑戦のマインドだと思う。

春はとにかく出会いで一杯だ。折しも、次男が相当背伸びして入学した高校が彼の目の色を変えさせている。友達がレベチだが同時に刺激的で楽しい、と言う。今は朝早く夜遅く相当しんどそうだが、目が死んでいない。この「背伸び」が本当の意味で「伸び」た時が楽しみになってきた。これも挑戦の過程であり、家族も彼の姿に刺激を受けている。。。

今日は今日と違う明日のために挑戦しよう!失敗しても、やらないと得られない「得るもの」がある。

 

-お知らせ, 代取はつぶやき続ける, 株式会社ハートフルサンク

© 2022 株式会社ハートフルサンク